宮古ビデンス・ピローサを使ってうまれた基礎化粧品「Chura Bless」シリーズ

YOSHIMURA

098-890-4185までお気軽にお問い合わせください。

原料について

「チュラブレスシリーズに配合されている宮古ビデンス・ピローサ(コシロノセンダングサエキス)は、健康食品の原料としても使用されており、目や鼻の不快感を軽減する機能性表示食品にもなっております。」

宮古島で育まれた植物の力をその肌に

隆起した珊瑚礁によってつくられた島、宮古島。

弱アルカリ性の土壌を持ち、
キレイな海に囲まれた宮古島で生きる植物、
それが宮古ビデンス・ピローサ。

強い紫外線が降り注ぐ
亜熱帯気候の厳しい環境の中で
自らの身を守るための力を備えてきました。

沖縄の自然の力。そえは、美しく輝くための力。

宮古ビデンスピローサエキス。和名タチアワユキセンダングサ

宮古ビデンス・ピローサは宮古島で栽培され、様々な分野での研究を行い、その研究成果が日本生薬学会や日本皮膚学会などで、学会発表されているキク科の植物です。

宮古ビデンスピローサエキスの葉

トラブルのない肌へと導きます

安心、安全を追求し、原料栽培にもこだわりを

空気と水のきれいな宮古島で種から管理し、地元農家と契約をして農薬・化学肥料・堆肥を一切使用しない緑肥のみの管理栽培を行っています。自然農法にこだわり土壌づくりから収穫まで大切に丁寧に育てられています。

宮古ビデンスピローサエキスの収穫の様子

否定せずに見つめるところから始まった事業

繁殖力が強く、いたるところに自生するビデンス・ピローサは、宮古島の島民にとって農作物を育てるうえで邪魔な存在でしかありませんでした。いかに駆除をするか、いかに生えてこないようにするか。そのようなテーマを持った研究が多くなされ、ビデンス・ピローサは、その存在を否定され続けてきました。

そんな中で、その繁殖力に注目し、その生命力を人に役立たせることができないかと考え、研究を進めた企業がありました。その取り組みがビデンス・ピローサに活躍の場を与えたのです。

これまで駆除の対象でしかなかったビデンス・ピローサは、人の手で丁寧に栽培され、「宮古ビデンス・ピローサ」として生まれ変わり、人に役立ち、喜ばれる存在へと変貌を遂げました。更に栽培する農家や加工する工場の雇用を生み出し、農業の乏しい宮古島を活性させ始めたのです。

存在を否定して駆除に費用と労力を費やすのではなく、向き合って見つめることで良さを引き出してあげることが、その地域を活性させ、多くの人に喜んで頂ける商品を生み出し、愛用してくださる方を増やすことが出来る。

そんな考えに基づいた温もりのあるプロジェクトにあなたも参加してみませんか。

ページトップへ戻る